MENU

市民中心のケア:PCC

市民中心のケア:PCC

部署紹介

概要

PCC(People-Centered Care)実践開発研究部は、社会でそう生じている健康問題や、社会、および保健医療福祉の動向をグローバルにとらえ、市民とのパートナーシップを取りながらPCCを研究開発することを目的としています。聖路加健康ナビスポット:るかなび、ナースクリニック、地域連携室と、WHO看護開発協力センターの事務局として活動しながら、PCCを研究開発および実践する役割を担っています。

ご挨拶(部長挨拶)

ピープル・センタード・ケア(People-Centered Care:PCC)とは、市民に対して医療者がもっている健康情報や技術を的確にわかりやすく提供することで不安や苦痛を共に解消し、市民が自分の健康生活の主人公になれるようにパートナーシップをとることです。
るかなびは、健康相談や健康チェック、健康情報検索が気軽にできる本学独自の取り組みで、PCC の実践・開発・研究の場として、また学生教育の場として機能しています。

PCC実践開発研究部 部長 大田 えりか

組織

スタッフ(スタッフの役職・名前等)

  • 大田えりか 研究センターPCC実践開発研究部部長
  • 亀井智子 研究センターPCC実践開発研究部 教授
  • 高橋恵子 研究センターPCC実践開発研究部 准教授
  • 中村めぐみ 研究センターPCC実践開発研究部 るかなびナースマネジャー
  • 鈴木文子 研究センターPCC実践開発研究部 事務
  • 中西朋子 研究センターPCC実践開発研究部 事務