MENU

公的研究費の取扱

公的研究費の取扱

公募情報・申請手続

競争的資金公募情報・各種申請手続

文部科学省 / 日本学術振興会 科学研究費助成事業

おしらせ

10月4日

1【おしらせ】平成31年度科学研究費助成事業-科研費-の公募要領の英語版が掲載されました。下記、日本学術振興会のサイトよりダウンロードできます。
2【おしらせ】「平成31年度科学研究費助成事業公募要領等説明会」の資料及び動画が追加で掲載されました。下記、文部科学省のサイトよりダウンロードできます。

9月12日

1【おしらせ】科研費FAQが更新されました。下記、日本学術振興会のサイトよりダウンロードしてください。
2【科研費公募】 文部科学省/日本学術振興会 科研費公募説明会資料がHP上に公開されました。下記より文部科学省のサイトよりダウンロードしてください。

9月3日

1【通知】2019年度科学研究費助成事業 公募

平成31年度(2019年度)科学研究費助成事業-科研費-公募要領(特別推進研究、基盤研究(S・A・B・C)、挑戦的研究(開拓・萌芽)、若手研究」)公募要領(研究成果公開促進費)」により公募が開始されました。

・公募要領、様式等は、次のホームページからダウンロードしてください。
日本学術振興会科学研究費助成事業ホームページ

2研究分担者の承諾について

今年度より分担者承諾については、書面ではなく、事前電子申請になりました。
研究分担者とともに研究組織を構成する場合、研究代表者は研究分担者となることの承諾を得る手続きを電子申請システムで行う必要があります。また、研究分担者は、所属する研究機関から研究分担者となることの承諾等を得る必要があります。
研究分担者が所属する研究機関から当該研究課題に研究分担者となることの承諾等を得ていない場合、研究代表者は研究計画調書を研究機関に提出(送信)することができません。そのため、提出期限に間に合うよう手続きを進めてください。

8月10日

1【通知】平成31年度科学研究費助成事業の研究計画調書(暫定版)

文部科学省/日本学術振興会の科研費審査システム改革により、昨年度「連携研究者」は廃止されました。あわせて、平成31年度の研究業績欄における業績の記載方法について見直しが行われ、次のとおり研究計画調書の変更を行われる予定です。※今回公表された研究計画調書は暫定版ですので、本年9月1日公表予定の研究計画調書を必ずご確認ください。(下記URLで日本学術振興会のページに移動します)

2【通知】平成31年度科学研究費助成事業公募 学内説明会
平成31年度 日本学術振興会(JSPS)科学研究費助成事業—科研費ー  科研費公募要領等学内者向け説明会を行います。
日時 9月18日火曜日 18:00-19:30 場所 大学本館 403教室   

6月29日

独立行政法人日本学術振興会より、平成30年度科学研究費助成事業【挑戦的研究(萌芽)】の交付の内定が通知されました。交付の内定を受けた研究者は、交付申請書等の必要書類を作成してください。交付申請書の学内提出期限は、平成30年7月10日(火)です。

6月22日

1【通知】平成30年度科学研究費助成事業 の交付決定について

(1)新規の研究課題
・基盤研究(B)
・基盤研究(C)
・若手研究

(2)継続の研究課題
・基盤研究(A)
・研究活動スタート支援
・基盤研究(B)(※平成24年度から平成26年度に採択された研究課題、
平成27年度以降に採択された応募区分「特設分野研究」の研究課題を除く)
・基盤研究(C)
・若手研究(B)
・若手研究
・挑戦的萌芽研究


 研究代表者及び研究分担者におかれては、交付決定通知書の補助条件を確認のうえ、適切に補助事業を遂行してください。
また、今回交付する補助金については、交付請求書に基づき、送金されます。なお、交付請求額が300万円以上の研究課題の前期分(4月~9月)及び交付請求額が300万円未満の研究課題については7月上旬頃に、交付請求額が300万円以上の研究課題の後期分(10月~3月)については10月頃送金される予定です。

2【重要】 科学研究費助成事業取扱要領の一部改正につ​いて

「科学研究費助成事業(科学研究費補助金)取扱要領」及び「科学研究費助成事業(学術研究助成基金助成金)取扱要領」第5条の規定により、翌年度以降、補助金・助成金を交付しないこととされた場合には、直ちに補助事業を廃止するための手続きを行わなければならないことを定めたこと(※)等を踏まえ、「科学研究費助成事業(科学研究費補助金)取扱要領」及び、「科学研究費助成事業(学術研究助成基金助成金)取扱要領」は別添のとおり一部改正されました。

※遂行している科研費以外での研究において、不正使用等が行われ、それにより、翌年度以降科研費を交付しないこととされた場合は、遂行している当該科研費を直ちに廃止することを、新たに第17条を設けて定めたものです。

3科研費ハンドブック(研究者用)2018 年度版のホームページ掲載について

この度、「科研費ハンドブック(研究者用)2018年度版」が、日本学術振興会のホームページに掲載されましたので通知します。
またホームページには、別添のとおり、科研費ハンドブック(研究者用)2018年度版における主な変更点を掲載しています。
今回変更となった下記の点につきましても、ホームページに掲載されていますので、あわせてご参照ください。

○連携研究者の廃止について(ハンドブック7ページ等)
○科研費による研究は、研究者の自覚と責任において実施する研究であることについて(ハンドブック19 ページ、22 ページ)
○研究者が遵守すべき行動規範について(ハンドブック24 ページ等)

6月20日

1【公募】平成30年度科研費(国際共同​研究加速基金(国際共同研究強化(A)))​の公募等について
2【公募】国際交流事業 平成31 年度 二国間交流事業 共同研究・セミナー の公募等について

6月1日

1平成30年度 公的研究費マニュアル説明会開催のおしらせ

①6月26日(火曜日)旧館5F 研修室A 11:00-12:00
②7月17日(火曜日)大学本館403 18:00-19:45 
内容
‣公的研究費の概要  
‣各種書類の提出〆切について(公的研究費から支払うフローを説明します)
‣支出することができない経費について (各費目の事例)
 (⇒人件費部分では、アルバイトの方にお願いしたい「打刻」の説明をします)
‣検収について
‣AMED他、COIの申告について
‣質疑応答

ふるってご参加ください。

2【リマインド】研究成果報告書ご提出のお願い  

文部科学省・日本学術振興会科研費、最終年度の研究代表者は、「研究成果報告書」をご提出いただきます。学内〆切は6月15日金曜日です。

4月1日

1【報告】科学研究費助成事業(基盤研究、若手研究等)の実績報告書・実施状況報告書の提出について
2【報告】科学研究費助成事業(基盤研究、若手研究等)の研究成果報告書の提出について
3【交付内定】平成30年度科学研究費助成事業(特別推進研究、新学術領域研究、基盤研究、挑戦的研究、若手研究、研究活動スタート支援)の交付内定について

3月22日

3月15日

3月1日

2月1日

1月16日

12月4日

1【申請】文部科学省・日本学術振興会科研費 平成29年度(補助金分)繰越申請手続について
2【執行】年度末執行に関するお願い  補助金および基金最終年度については、備品の検収期限が12月第2金曜(12月8日)17時迄です。予期せぬ購入の必要性が生じた等、上記検収期限を過ぎる発注申請を希望する場合はまず、研究助成課にご連絡ください。

11月1日

1【申請】文部科学省・日本学術振興会科研費  聖路加国際大学は11月6日に 研究計画書を電子申請します。
2【採択結果】文部科学省・日本学術振興会科研費 の予定 

10月20日 

1文部科学省・日本学術振興会科研費公募 「電子申請システム 学内〆切」は10月23日(月)8時半です。
2文部科学省・日本学術振興会科研費公募 「研究分担者承諾書」 学内提出〆切は11月2日(火)です。必ず今年度の様式を使用してください。

9月14日 日本学術振興会「電子申請システム」 は以下のURLよりお入りください。

9月11日 平成30年度 日本学術振興会(JSPS)科学研究費助成事業—科研費ー  科研費公募要領等学内者向け説明会を行います。

日時 9月19日火曜日 18:00-19:30 場所 大学本館 403教室     
応募を予定される研究者は9/15金曜日までに研究助成課(kaken@slcn.ac.jp)あてに、メールで予定研究種目をお知らせください。

9月1日 平成30年度科学研究費助成事業-科研費-公募要領等が発表となりました。

公募要領、計画調書等は、以下のリンク日本学術振興会HPよりご確認ください。尚、今回、審査区分および審査方式、研究計画調書が変更になっておりますので、ご留意ください。

8月25日 平成30年度科学研究費助成事業の研究計画調書(暫定版)

7月31日 [文部科学省]「若手研究」応募要件変更について

7月12日 平成29年度科学研究費助成事業(挑戦的研究)の応募・採択状況等

お問い合わせ

研究助成課(旧館4F)
内線:6385 6558 6559

厚生労働科学研究費補助金

お知らせ

申請手続きについて

1応募方法
1 厚生労働省ホームページより「研究計画書」、「別添様式」をダウンロードし、1つの「応募情報ファイル」を作成
2 府省共通研究開発管理システム(e-Rad)ポータルサイトの「研究者向けページ」からログイン
  • 画面の指示と研究者向けマニュアル(e-Rad入力方法)に従って応募情報登録を行う。
  • 応募情報登録時に予め作成した「応募情報ファイル」を添付し、e-Rad上でアップロードする。
2厚生労働科学研究費における倫理審査及び利益相反に関する必要書類
提出先・お問い合わせ

研究助成課(旧館4F)

内線:6387,6388

日本医療研究開発機構研究費

申請手続きについて

公募要領

研究開発課題により異なりますので、詳しくは公募情報をご覧ください。

1応募方法
1 申請書類の作成

各課題の公募概要に従って、必要書類を下記よりダウンロードして作成する。

2 府省共通研究開発管理システム(e-Rad)で申請
  • (e-Rad)ポータルサイトの「研究者向けページ」よりログイン。
  • 研究者向けマニュアル(e-Rad入力方法)に従って応募情報を入力行い、申請書をアップロード。(その後、研究機関より承認処理を行う。)
    ※申請をご検討の際は、お手数ですが研究助成課へ連絡をお願い致します。
2日本医療研究開発機構研究費における倫理審査及び利益相反に関する必要書類

※AMEDは厚生労働省科学研究費と同様の管理体制を採用しております。

提出先・お問い合わせ

研究助成課(旧館4F)

内線:6387,6388