MENU

公的研究費の取扱

公的研究費の取扱

不正使用防止の取組

競争的資金等の不正使用の防止体制等について

「研究機関における公的研究費の管理・監査のガイドライン(実施基準)(平成26年2月18日改正)」及び「研究活動における不正行為への対応等に関するガイドライン(平成26年8月26日策定)」を踏まえ、関係規則等を整備し、研究活動における不正行為に対応する適切な仕組みを整備するとともに、競争的資金等の適正な管理及び運営のために必要な施策の推進、研究者および本学構成員が一体となったコンプライアンス体制の構築に努めます。

(文部科学省)

競争的資金等の不正使用の防止に関する取り組み

1機関内の責任体制の明確化

競争的資金等の運営・管理を適正に行うため、本学の運営・管理に関わる責任者が不正防止対策に関して学内外に責任を持ち、積極的に推進していくとともに、その役割、責任の所在・範囲と権限を明確化し、責任体系を学内外に周知・公表します。

最高管理責任者:学長

本学全体を統括し、競争的資金等の運営及び管理について最終責任を負う。不正防止対策の基本方針(以下「基本方針」という。)を策定及び周知し、統括管理責任者及びコンプライアンス推進責任者が責任を持って競争的資金等の運営及び管理が行えるよう、適切にリーダーシップを発揮します。

統括管理責任者:研究企画管理室長

最高管理責任者を補佐し、競争的資金等の適正な運営及び管理並びコンプライアンス教育について、実務上、本学全体を統括する実質的な責任と権限をもちます。不正防止対策の組織横断的な体制を統括する責任者として、基本方針に基づき、大学全体の具体的な対策を策定及び実施し、コンプライアンス推進責任者に対策の実施を指示するとともに、当該実施状況を確認し、定期的に最高管理責任者に報告します。

コンプライアンス推進責任者:部局の長

競争的資金等の運営及び管理上のコンプライアンスに関する責任と権限をもつ。統括管理責任者の指示の下、次の役割を担います。

2適正な運営・管理の基盤となる環境の整備
  1. 競争的資金のルールを明確にするため、別に定める「公的研究費使用マニュアル」に従って管理・運用します。
  2. 競争的資金等に係る事務処理手続に関し、明確かつ統一的な運用を図るため、研究助成課に相談窓口を置きます。
  3. 研究活動及び競争的資金等の使用又はその運営及び管理における不正行為に適切に対応できるようにするため、内部統制・監査室に通報窓口を置きます。
  4. 競争的資金等の運営・管理に関わる全ての構成員に、自らどのような行為が不正に当たるのかをしっかりと理解してもらうため、コンプライアンス教育を実施します。
  5. 競争的資金等の運営・管理に関わる全ての構成員に対して、「学校法人聖路加国際大学公的研究費使用に関する行動規範」を定め、誓約書の提出を義務付けています。
3不正を発生させる要因の把握と不正防止計画の策定・実施

競争的資金等を適正に運営及び管理並びにコンプライアンス教育の実施状況を把握、検証及び不正防止計画を推進することを目的として、最高管理責任者の下に「不正防止推進会議」を設置します。

4研究費の適正な運営・管理活動
  1. 検収方法の徹底のため、研究者だけではなく事務職員等の実施をしています。また、特殊な役務の検収は、専門性のある職員が検収を実施しています。
  2. 業者との癒着防止の観点から、一定の取引実績(回数、金額等)や本学におけるリスク要因・実効性等を考慮した上で、誓約書の提出を義務づけています。
  3. 不正な取引に関与した業者への取引停止等の処分方針を定めています。
5情報発信・共有化の推進
  1. 競争的資金等の事務処理手続きや使用ルール等に関する相談を受け付ける窓口を設置しています。
  2. 競争的資金等の不正使用の早期発見、是正を図ることを目的に、不正な使用又は恐れがある行為に対して、誰でも通報・相談できる窓口を設置しています。
6モニタリングの在り方

内部統制・監査室は、専門家との連携により、実効性のある監査を行います。(年2回実施)

誓約書の提出について

本学では、公的研究費の運営及び管理に関わるすべての構成員に対し、誓約書の提出を求めています。
【対象者】
研究者・研究協力者・事務担当者(秘書/アルバイト/財務経理課)・検収部署スタッフ(物品管理課/図書館/情報システムセンター/臨床検査科/研究管理部/研究助成課)
【提出先】
研究助成課

研究費不正防止計画

マニュアル・規程等